美容液の基本と使い方について

美容液とは

辺見えみり美容液

美容液の正式な定義はありません。美容成分がどのくらい入っていなければいけないなどの決まりはありません。

 

メーカーさんが美容成分、美容液と言えばそれだけです。やはり食品の定義とは全く違います。
化粧品の場合、効果、効能については厳しい基準がありますが、美容液に関してはまだのようです。

 

逆に言えば、しっかりと配合成分やテクスチャーをしっかり見て、いい美容液を選びましょう。
一般的には保湿や美白などの美容成分を多く配合したスキンケアアイテムを指します。

 

顔や気になる部分に集中的に使用してください。通常使われるスキンケアアイテムに加えることで一層の効果が期待されます。


美容液の使い方

辺見えみり美容液

美容液は、美容成分をお肌に浸透させるイメージがありますよね。

 

つまり、肌の老化を防止したい、小じわが増えるのをふさぎたい、日焼けによるシミ防止などです。
使われる年代は30代後半からが多いようですが、20代後半から使われても、なんら問題はありません。

 

ご自身のお肌とお財布と相談の上、ご使用ください。

 

美容液はいつ使いますか

 

毎日の生活

 

お風呂上りには欠かせません。化粧水のあとが一般的です。商品によっては順番が違う場合がありますので、よく説明書をお読みください。
それと、朝もつけていただきたいです。予算の関係やお時間が取れない方は仕方ないですね。

 

いつ頃から

 

先ほども書きましたが、遅くともお肌の老化が見られてくる30代後半からでしょうか。高濃度美容液や濃厚美容液の浸透度がクセになったら
離せられないです。

 

 


美容液、化粧水、乳液の違いは

美容液でリフレッシュ

先ほど美容液の定義は決まっていないとお話しさせていただきました。

 

一般的には、化粧水⇒美容液⇒乳液の順で使われる方が多いようです。メーカーによって美容液の使い方は多少変わってきます。

 

美容液、化粧水、乳液の違いは

 

化粧水の役割は

角質の水分を補充する役割です。お肌に潤いの基本は水分です。上質な化粧水は水分を逃がさないようにします、しかしそのほとんどが水なので蒸発します。

 

 

 

美容液の役割は
化粧水を補完してくれるのが美容液です。プロテオグリカンや胡蝶蘭など、高濃度の美容成分で保湿をしてくれます。特に30代、40代を過ぎるとシミ、くすみが気になります。美容液の成分で美白やアンチエイジングなどの効果でさらにお肌の状態を保ってくれます。

 

 

 

じゃあ、乳液はいらないのでは?
水分を失わないようにフタをするのが乳液、またはクリームの役割です。乳液とクリームの違いは水分と油分の調合の違いです。自分の肌にあった乳液やクリームをお選びください。乾燥しやすい目元、口元はしっかりと乳液、クリームでフタをしてください。